スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前の幸せ

理学療法士の小林です。
今日は、訪問で伺った家での1コマです。

僕たちが風邪やケガをした時など一番に不自由に感じたり、ありがたいと思うことは
やはり、元気なころに何気なく当たり前に行っていたことではないでしょうか。
障害を負われた方や高齢者の方はそれ以上に今の生活を不自由に感じていらっしゃる方が多いと思います。

そこでこの写真です。

「鳥がこちらを向いている写真」
 正解です。
しかしそれだけでなく、この家の利用者様は、縁側から外に食べ残したパンなどを置くそうで
そのパンを楽しみに待っている鳥の写真です。

自宅で生活していく上では、日常生活動作や関連する基本動作などが大切ですが
自宅で楽しみをもって、その人らしい生活をするためには
このように何気ない楽しみを実現できることも幸せを感じる1つではないでしょうか。

また、ご本人の意欲を引き出す意味でも、私たちはこのような
その方が楽しいと感じるすべてのことに目を向け
「縁側まで歩く」という目標を共有出来ればと思います。

ところでなんという鳥でしょう??
自分の知識の無さには情けない限りです…。
スポンサーサイト
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。