FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(47)

理学療法士の小沢です。

今回は平法~第三弾~となります。内容は「促通反復療法」についてです。


促通反復療法は1回の運動で100回を目標に繰り返します。休憩をはさんで50回を、2回に分けて計100回行っても良いようです。

kawahira.jpg
西日本新聞より引用


なぜ反復運動が良いのかといいますと…

脳科学の進歩により、神経細胞が破壊されても、損傷を免れ生き残った神経細胞が役割を代行する能力「可塑性」があることが明らかになりました。

驚くべきことに、サルの両側大脳半球の全皮質を2年かけて段階的に切除しても、手術直後から関節可動域訓練や歩行パターンの練習を十分行えばサルは歩行可能となっており、この結果は中枢神経系の可塑性の大きさと早期からのリハビリテーションの重要性を示しています。

麻痺した手足の運動を改善するためには、脳の可塑性を生かして神経細胞ならびに神経路に新たな役割を分担させ、その神経路の強化を行うために、麻痺した手足を思い通りに動かすことを繰り返すことが必要です。
片麻痺回復のための運動療法 促通反復療法「川平法」の理論と実際
家庭でできる脳卒中片マヒのリハビリ「川平法」歩行編より 引用


と書いてあります。


中枢神経系“やったことしか憶えない“と言われていますので、脳の可塑性を引き出すためには、意図した運動を反復して新たな神経路を強化することが重要なようです。


促通反復療法の治療成績↓
001_20150926094538209.jpg


次回は、促通反復療法の実践方法について説明していきます(^_^)v

スポンサーサイト
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。