スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(65)

理学療法士の小沢です。

今回のテーマは「高齢者の姿勢の特徴」についてです。

疾患が原因による姿勢の変化(例:脳梗塞左片麻痺、変形性膝関節症)は、リハビリを進めるにあたり重要なポイントになります。
しかし、元々の姿勢(例:膝が曲がっていたか?ガニ股だったか?)を考慮した上での指導が大切になります。

そのためには、高齢者の姿勢の特徴をあらかじめ知っておく必要があると考えます。



加齢による姿勢変化について多くの報告があるが、その中で最も多い変化が‥


円背(胸椎後弯の増強・腰椎前弯の減少)」と言われています。(高井ら.2001)

図1



円背とは?
加齢が原因で多くの椎体間の椎間板が変性したり、骨粗鬆症で多くの椎体が押しつぶされることによって生じます。体幹の抗重力筋筋力低下も影響します。

図2



従って、骨粗鬆症・体幹筋の筋力低下が円背の要因といえます。


次回は円背を代償する姿勢について説明していきます(^o^)


スポンサーサイト
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。