FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(95)

理学療法士の小沢です。

今回は、健康関連QOLを測定する尺度「SF-36」について紹介していきます。


以下、https://www.sf-36.jp/より引用
SF-36は、科学的で信頼性・妥当性を持つ尺度です。 SF-36は、ある疾患に限定した内容ではなく、健康についての万人に共通した概念のもとに構成されています。様々な疾患の患者さんや、病気にかかっていない健康な方のQOLを測定できます。疾病の異なる患者さんの間でQOLを比較したり、患者さんの健康状態を一般の人と比較したりすることも可能です。


SF-36の構成は、8つの健康概念を測定するための複数の質問項目から成り立っています。
qol-21.jpg


SF-36は健康状態を測る調査票として、世界中で最も普及しているものです。これは、SF-36がシンプルかつ有用であり、計量心理学的に十分な特性を持ち、入手方法も容易で、十分な量のデータの蓄積があるためだと考えられます。

しかし、実際にSF-36を使用するにはライセンス料・管理料がかかるため注意が必要です。

興味のある方は、iHope International株式会社のホームページをご覧ください(#^.^#)

スポンサーサイト
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。