スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(100)

理学療法士の小沢です。

今回は前回の続編で「アナトミートレイン②」ラインについて説明していきます。

前回、筋膜は連続的でライン上で全身に繋がっていることをお話ししました。
実は、そのラインごとに役割がありラインは途切れることなく一定の方向に進んでいます。

今回は「スーパーフィシャル・バック・ライン(SBL)」を具体例に挙げて説明します。

Screenshot_2016-04-04-22-16-33_1.jpg

SBLは、足底から頭頂までカメの甲羅のように身体後面全体をつなぎ保護しています。
主に、身体を直立伸展した姿勢を保つ役割があり、疲労しにくく長時間働き続ける特徴があります。

従って、ライン上は相互に影響し合っているため腰痛が足底の硬さから来ている場合もあります。
その場合、足底の柔軟性向上目的にボール転がしで腰痛が改善することが予想されます。

CIMG3685_20160929213952a5b.jpg

また、このラインから考えていくと長時間立っている時のだるさが、ヘッドスパ(頭部のマッサージ)によって改善されるかもしれません。

アナトミートレインのラインから考える介入は、私的には非常に面白く興味深い内容なので簡単に紹介させて頂きました。
また、腰が痛いからといって腰のマッサージをすれば改善するばかりではなく、幅広い視点で評価する必要があることを私自身再認識するきっかけになりました。

アナトミートレインのラインは今回紹介したSBL以外にもありますので、機会がありましたらまた紹介させて頂きます。








いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

かのんリハビリ豆情報は今回で100回目の投稿になります。

皆様のおかげで当初の目標を達成することが出来ました。

今後は、今までのような週1回の投稿ペースよりは少なくなると思いますが、皆様のお役に立てるようなリハビリに関する情報を継続して投稿していきたいと思いますので、宜しくお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
スポンサーサイト
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。