FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(26)

理学療法士の小沢です。
新年度になって最初の投稿になります。今年度も宜しくお願いします!

今回は「ふすまを軽く開閉する工夫」についてお話しさせて頂きます。

IMG_1715.jpg


築年数が経てばたつほど、ふすまは重く開閉しにくくなります。ふすまが重いがゆえに、自宅内の歩行機会・活動量が減る悪循環に陥ると廃用症候群を招きかねません。さらに、重いふすまの開閉には、筋力・バランス能力が必要になため転倒リスクが伴います。




そこで、ふすまを軽く開閉するアイテムとして…






「ロウソク」が有効です。
img02.jpg






敷居の溝にロウソクのロウを塗り付けることで、ふすまの滑りが良くなります。ロウが潤滑油の役目をして滑りが良くなり、さらにロウが敷居にできた隙間を埋めてくれます。ただし、ゴミが溜まりやすくなりますので注意が必要です。

IMG_1802.jpg


ロウで改善しない場合はホームセンターで売っている敷居スベリテープが有効なようです。




一度試してみてください(^o^)




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

患者に希望を!

 脳溢血を患った人は、麻痺によって不自由な身体を抱えて生活するには想像以上に体力や気力を必要とします、また常にいろんな所の違和感を持っています。(すっきりした気分に成れません)
 そこで麻痺の部分の回復が出来ない物か模索してリハビリを行っています(身体の違和感から逃れたい為に)
 したがって、どうすれば麻痺が治るのか?どんなリハビリ療法があり、どんな症状に効果があるのか?等の情報がほしいでね!
 療法もどんどん進化して新しい方法が開発されているようです、麻痺を持った私達はそれに大きく期待しています。
 CI療法:HANDS療法:ボトック療法:ウォークエイド療法:rTNS療法:ReoGo療 他にも磁力療法なども有るようです、これらの有効受診方法などの解説が有れば大きな希望に繋がるとおもいますが?
 よろしくご検討下さい。
 
 

ブログの内容に関して

コメントありがとうございます。
返事が大変遅くなって申し訳ございません。

実際に生の声を頂き大変勉強になります。

麻痺の改善に対する新しい治療法やリハビリの情報など期待に添えるように発信していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。