スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのんリハビリ豆情報(35)

理学療法士の小沢です。

今回は「腰痛」についてお話しさせて頂きます。
動作時の一時的な腰痛や腰部の違和感等を含めると腰痛を経験したことがない人のほうが少ないのではないでしょうか?


まずは腰痛の定義についてです

002_20150702221659a20.jpg

発症期間の分類では、
①発症から4週間未満を急性腰痛
②4週間以上3ヶ月未満を亜急性腰痛
③3ヶ月以上を慢性腰痛
と定義します。



さらに腰痛を大きく分類すると「特異的腰痛」「非特異的腰痛」に分類されます

001_2015070222170566a.jpg


医師の診断がつかない「腰椎症」や「ぎっくり腰」は非特異的腰痛に含まれます。従って腰痛の約85%は原因を特定しきれない腰痛ということになります。

参考文献:「腰痛持ち」をやめる本 (切り札はたった3秒の習慣)  ホントの腰痛対策を知ってみませんか 松平浩(著)


非特異的腰痛は病院での対応として「湿布」「物理療法」が多いため、最近では「60分2980円でもみほぐし」などのリラクゼーション店に腰痛緩和目的に通われる方が多くなっているとか…

ちなみに「マッサージ」は国家資格を有したあん摩マッサージ指圧師の業務独占資格になりますが、○○マッサージ(例:スポーツマッサージ、リンパマッサージ)などと頭に文字を加えると、あん摩マッサージ指圧行為とは別のものであるという厚生労働省の見解があるため、リラクゼーション店で実施することが可能になるそうです。

まぎらわしいですよね…



あっ医療保険で訪問マッサージを希望な方は鍼灸マッサージ師の資格を有している当社の土屋にお任せ下さいね(^o^)



特異的腰痛と非特異的腰痛の見分けかたは次回お話しします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

つっちーです。

小沢先生。
お任せください!
プロフィール

fukushisoken

Author:fukushisoken
かのん(山梨福祉総研)
スタッフのブログへ
ようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。